1. HOME>
  2. 広報誌

マンスリーニュース

公益社団法人 大分県社会福祉士会

2016年02月号

OITA CSW(Certified Social Worker) MONTHLY NEWS

『想い、伝える』

公益社団法人
大分県社会福祉士会

会長 船田 茂

小生がマンスリーの巻頭言を書き始めて間もなく2年。あらためてこれまでのマンスリーを読み直すと、徐々に文章も長文化し(笑)、締切迫る中、原稿はまだかまだかと事務局員の方々を心配させること11回。未だ過去を教訓にすることが出来ず、いつも過ごしてきた光景が今月も繰り返されている。いやはや、まずは支えていただいた事務局の皆様に感謝。

会長に就任し間もなく発行された2014年6月号。「地域包括ケアの時代は多領域が連携し効率的効果的な住民支援を目指すことを促している・・・多領域連携の時代だからこそ私達社会福祉士が顔の見える連携を行っていく必要がある」と書き始める。
次号は、「7月上旬に行政等関係機関への挨拶回りを行い、各所において多くの示唆溢れるお話を頂戴した」とある。思えば、大分県関係各課の皆様や大分県社会福祉協議会様、大分県ボランティア市民活動センター様、大分県社会福祉介護研修センター様、大分県医療ソーシャルワーカー協会様、大分県精神保健福祉士協会様、大分市教育センター様など紙面では紹介しきれない程多くの方々にご支援ご指導いただき、そしてお声かけ頂き、現在の我々があります。
1年前の1月号は、「初めて企画した事業計画(案)策定検討会議に関連し『時代に求められる“相談”とは何か』という問題意識を持ち平成27年度を考えていきたい」と結んだ。
あれから1年、社会福祉士が行う相談はどうなったのか・・・答えにはならないが、年末に大変喜ばしい話が飛び込んできた。
大分市教育センターでは、市内各校で福祉課題の解決に取り組むスクールソーシャルワーカー(以下、「SSW」という)の活動を評価し、「次年度(この春より)、SSWの配置を倍増させる」という。会員であるSSW各位の地道かつ真摯な取り組みと教育関係者との円滑な連携を含む実践が評価されたものと大変喜ばしく思っている。と同時に毎年関係機関への挨拶回りにご尽力いただいた田嶋事務局次長の下支えにも感謝したい。
社会福祉士の配置が目に見えて増えたのは、1990年後半から2000年過ぎ頃の保健医療界である。
田嶋先輩や更にその先輩が汗した期間を経て、老健施設におけるベッドマネジメントや入退院援助における社会福祉士の必要性が周囲に認知され、一人職場とされてきた相談員が2人、3人と倍増、三倍増した。
一機関一施設だけの取り組みより相互協力の体制を敷くことによる効果が高いと認識され始めると我々の存在は大きくクローズアップされてきた。そして現在、教育界においてもSSWがクローズアップされている。時代は繰り返されるというが、社会福祉士が行う相談も同じように繰り返される、だからこそ、過去に学び、現在を謙虚に捉え、未来につなげていただきたい、と切に願う。折しも、今春は診療報酬改訂が行われる。大分県医療ソーシャルワーカー協会様でもセミナーを企画している。こうした機会を活かし、あえて領域を超えた連携を図ることで私達の未来を考えていきたい。

本年は申年。「申」は「樹木の果物が熟して固まっていく様子」を表す言葉らしく、「猿」の木の上を飛び回る活発さと相まり、総じて「肯定的な思考で暗い雰囲気を明るくしてくれる」との意味を持つよう。
今年は年男。社会福祉士が、熟し活発な取り組みの結果、子どもたちをはじめ我々を必要としてくれる方々が明るい一年を過ごせるよう期待し、また一歩、平成28年を歩き出したい。

大分県社会福祉士会よりお知らせ

平成27年度 災害支援に関する説明会開催のご案内

本会では災害時支援の重要性に鑑み、具体的な行動が図れるよう、平成27年度より「災害支援事業」を開始しました。
 4月より災害支援員の登録者を募集し、現在までに登録して頂いた社会福祉士を対象に下記日程で説明会を開催いたしますので、ぜひご参加下さい。

対 象:災害支援員に登録した社会福祉士(非会員も含む)
日 時:平成28年3月12日(土)   14時00分 ~ 15時30分
会 場:大分県総合社会福祉会館 3階研修室 
参加費:無 料

各種研修・委員会情報

新規入会者研修会のお知らせ

平成28年度も、新規合格者や新規入会者の方を対象に、大分県社会福祉士会の取組みや現状を理解して頂くことを目的に平成28年4月24日(日)に大分県社会福祉介護研修センターにて開催する予定としています。皆さんの職場の新人社会福祉士の方等に是非ともお声かけをお願い致します。詳細につきましては今後のマンスリー及び当会のホームページにてお知らせ致します。

大分ブロック研修会開催のご案内

『故・浅賀ふさ教授の教えを受け継いだ大分の先輩たちに学ぶ』

戦前、アメリカでソーシャルワークを学び、日本初の医療ソーシャルワーカーとして社会福祉の発展に寄与された先生のことは授業や書籍で多くの方がご存じのことと思います。
この大分の地には、先生に学んだ先輩が今も元気に活躍されています。
今回「社会福祉」「ソーシャルワーク」の原点に立ち返り、語りあえる場を企画しました。大先輩方の助言はきっと何かを気付かせてくれます。どうぞ奮ってご参加ください。

日 程:平成28年2月13日(土) 14:00~16:00
場 所:大分県総合社会福祉会館 3階研修室
内 容:
1. 講話
 1)山野喜代子さん 「福祉を学び、半世紀を過ごして」
  日本労働者協同組合連合会センター事業団 大分東部地域福祉事業所ゆりかご
 2)佐藤 辰夫さん 「浅賀ふさ先生をはじめ、先人に学んだ福祉の原点」
  別府大学 文学部 非常勤講師
2. ディスカッション
参加費:無料
対 象:経験3年未満の社会福祉士(経験3年以上の方も歓迎です)

スクールソーシャルワーク委員会よりお知らせ

2月の定例会は日時変更があります。
2月13日(土)午後12時から午後2時
場所は事務局にて行います。
3月の定例会は通常どおりで、第2土曜日の午後6時から8時
場所は事務局にて行います。

SSW研修会 開催予定
日 時:平成28年3月21日(月)
会 場:ホルトホール
定 員:60名

関連団体等からのお知らせ

平成27年度 第2回大分県福祉用具等研修会及び介護ロボット普及フォーラム開催のご案内

日 時:平成28年2月24日(水)
場 所:大分県社会福祉介護研修センター(大ホール)

午前の部:福祉用具等研修会
      時 間 9:50~12:10 (受付9:15~)
      資料代 1,000円
      定 員 150名

午後の部:大分県福祉用具・介護ロボット普及フォーラム
      時 間 13:00~16:00 (受付 12:30~)
      参加費 無料
      定 員 100名

大分県医療ソーシャルワーカー協会 2015年度 公開セミナー開催のご案内

日 時:平成28年2月28日(日) 10:00~16:30 (受付9:30~)予定
会 場:大分県看護研修会館 3階大研修室
    大分市大字豊饒310番地の4 会 費:会員 1,000円 ・ 非会員 3,000円 ・ 学生 500円
定 員:120名

事務局に届いている各種資料のお知らせ

下記の資料が事務局に届いています。
ご興味のある方がいらっしゃいましたら、事務局までお問い合わせください。

・「安心・活力・発展プラン2015」 (大分県)

事務局よりのお知らせ

◆乗馬クラブクレイン湯布院様より 乗馬試乗(20分)チケットが届いております。ご興味のある方はご連絡ください。
◆マンスリー記事の詳細や新着情報をホームページに掲載しています。どうぞご覧ください。
◆大分県社会福祉士会に関する委員会等の会議に事務局が使用できます。希望者はご連絡ください。
建物の開館時間
①月曜日・日曜日・祝祭日 : 9時~17時15分
②上記以外の曜日     : 9時~21時
◆住所・勤務先・氏名等に変更がある方は、日本社会福祉士会(本部)まで変更届をご提出ください。

〒870-0907 大分県大分市大津町2丁目1番地41号 大分県総合社会福祉会館2階
TEL/FAX:097-576-7071  E-mail:oita-jacsw@axel.ocn.ne.jp