1. HOME>
  2. 広報誌

マンスリーニュース

公益社団法人 大分県社会福祉士会

2019年02月号

OITA CSW(Certified Social Worker) MONTHLY NEWS

会長 ごあいさつ

公益社団法人
大分県社会福祉士会

会長 髙橋智秀

初春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

昨年12月8日(土)に2019(平成31)年度事業計画策定会議を開催し、各委員会より提出された事業計画案及び予算案についてヒヤリングを行いました。
今年度の計画及び予算執行を踏まえた計画案になっており、継続していくもの、新たに取り組むべきものなど現場で検討された事業計画案及び予算案の説明をしていただきました。
今後は、理事会や三役会議等を経て、寄せられた事業計画案及び予算案を精査して、よりよいものとなるように協議を進めてまいります。
そして、特に次年度は今までにない大きな新規事業もあり、当会としても失敗は許されないという思いのもと、着実に実施できるよう努めていかなければならないと改めて強く感じているところです。新規事業については、委員会レベルで実施することも考えられますが、新たに実行委員会などを立ち上げることも検討し、確実に取り組むことが必要となります。その際には、会員各位にご協力をいただきたいと存じます。
また、マンスリー12月号において会員からの声もいただきたい旨のご案内をしたところ、1件のご要望があり、その内容について関係する委員会に伝え、再度検討しているところです。

12月16日(土)には、大分大学において、当会と大分県精神保健福祉士協会との共催で「地域共生社会を支えるソーシャルワーク~当事者とともに考えてきた支援を振り返る~」をテーマに合同セミナーを開催いたしました。
「地域共生社会」というワードは現在、求められる姿を現した言葉であり、一人ひとりの価値観を蔑ろにする社会や多様性を認めない社会、すなわち「ソーシャルエクスクルージョン」や「ユニフォミティ」が存在することから、いかに「ソーシャルインクルージョン」や「ダイバーシティ」を包括的に含む「地域共生社会」をソーシャルワーカーとして実現していくかが問われているのではないかと考えます。
おかげさまで、本セミナーに慌ただしい年末にもかかわらず、110名の方に参加していただきました。
また、学生も14名の方に参加していただき、このテーマについての関心の高さがうかがえたセミナーとなりました。
この場をお借りして感謝申し上げます。

今年は、「平成」最後の年であると同時に新たな年号となる年でもあります。
役員一同、今年も当会が飛躍できる年となるよう新たな持ちで鋭意努力いたしますので、本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。

各種研修・委員会情報

「自殺予防ソーシャルワーク研修」開催について

【研修の目的】
日本社会福祉士会は、2010年全国大会(秋田大会)において、「自殺者を出さない社会の実現を目指し、専門職および専門職団体として、地域住民や専門機関・団体と連携し、自殺予防の対策に取り組むこと」を宣言しました。その後、自殺予防総合対策センターと連携しながら社会福祉の相談援助職を対象とした研修プログラムの開発に着手するとともに、自殺総合対策大綱への提言等を行ってきました。
本研修は、相談援助職が、それぞれの分野で自殺に対する相談に対し、適切に支援を行うために、自殺対策基本法及び自殺総合対策大綱の理解を中心に、基本的な知識・スキルを身に付けることを目的とした、日本社会福祉士会の上記研修プログラムに沿った研修となります。

【対象】  保健・医療・福祉の相談援助職者
【開催期日】2019年2月24日(日)10時00分~12時00分(受付9時30分)
【場所】  大分県総合社会福祉会館 3階 中研修室(301・302室)
(住所:大分県大分市大津町2丁目1番41号 電話;097-558-2945)
【主催】  公益社団法人 大分県社会福祉士会 (保健医療委員会)
【定員】  50名程度  【受講費】 500円

【プログラム】

時間 内容 ・ 講師
9:30~ 受付
10:00
~12:00
講義「自殺予防ソーシャルワーク研修」
講師:大井 耕三 氏(大井社会福祉士事務所)
12:00 閉会
 

【申し込み締切日】 平成31年2月12日(火)
開催要項・申込み書ダウンロード

スクールソーシャルワーク委員会からお知らせ

次年度から、<定例会>を充実していこうと考えています。
ソーシャルワーカーとしてのスキルアップを図る事例検討などを行おうと準備しています。
各分野で活躍されている方々の参加をお待ちしています。

今年作成しました「スクールソーシャルワーク活動報告集」を販売しています。1冊500円です。
関心のあるかたは是非ご購入を検討してください。
事務局にありますのでお尋ねください。
よろしくお願いします。

関係団体より

NPOえばの会
『 DV 性被害者等女性のための専門ライン 』の説明会について

女性限定です。女性が置かれている社会的構造的問題に関心があり、ジェンダーの視点をもって女性に対する暴力(DV・セクハラ・性暴力など)の相談支援に関わりたい方。
バイスティックの7原則など相談対応の基本を理解している方。

 日 時: 2019年2月24日( 日 ) 10:00~12:00
 場 所: コンパルホール309号室
 参加費: 無料   希望者は13時からDV被害支援者研修を受講できます。

※詳細はホームページをご覧ください。

特例認定 特定非営利活動法人 おおいた成年後見権利擁護支援センター
『成年後見制度利用促進に向けた体制整備のあり方勉強会』開催について

【開催の目的】  成年後見制度は、判断能力が不十分で権利擁護の必要な人々を、成年後見人等を選任することによって、一人の人間としての意思や尊厳を尊重し、本人の権利行使や権利を守り実現すことを支援する、権利擁護の制度です。
 国が定めた成年後見制度利用促進基本計画は、制度利用を必要とする人たちが適切に利用できるその体制準備を進めていくためのものであり、また同時に基本計画は判断能力が十分でない人たちの権利擁護・意思決定支援を地域で推進することを重視しています。
 しかしながら、「権利擁護支援の地域連携 ネットワーク」の基本的仕組みである中核機関などの体制整備の具体的検討については、あまり進んでいないような状況が見受けられることから、そのことが可能となるような機会にしていただきたいと願い企画いたしました。

日 時: 2019年2月25日( 月 ) 13:30~16:30 ( 受付:13:00~ )
場 所: 大分県教育会館 〒870-0951 大分県大分市下郡496-38
参加費: 無料  会場の都合上、定員数200名で、締め切らさせていただきます。

※詳細はホームページをご覧ください。

事務局よりのお知らせ

◆マンスリー記事の詳細や新着情報をホームページに掲載しています。どうぞご覧ください。
◆最近は、地震や豪雨、台風等の自然災害が頻繁に発生しています。その度、会員の皆様の安否確認やニーズ調査等の協力支援をお願いすることになりますが、そのお知らせは、本会のホームページにまず掲載致しますので、災害等の発生時は、本会のホームページでご確認下さい。
◆大分県社会福祉士会に関する委員会等の会議に事務局が使用できます。希望者はご連絡下さい。
建物の開館時間 ①月曜日・日曜日・祝祭日:9時~17時15分 ②左記以外の曜日:9時~21時
◆住所・勤務先・氏名等に変更がある方は、日本社会福祉士会(本部)まで変更届をご提出ください。

〒870-0907 大分県大分市大津町2丁目1番地41号 大分県総合社会福祉会館2階
TEL/FAX:097-576-7071  E-mail:oita-jacsw@axel.ocn.ne.jp