1. HOME>
  2. 広報誌

マンスリーニュース

公益社団法人 大分県社会福祉士会

2018年08月号

OITA CSW(Certified Social Worker) MONTHLY NEWS

会長 ごあいさつ

公益社団法人
大分県社会福祉士会

会長 髙橋智秀

暑気厳しき折柄、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。
7月初旬には台風7号及び梅雨前線活動の活発化の影響により、西日本を中心に多くの被害が発生しました。
被災にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方やご家族にはお悔やみ申し上げます。
大分県も台風7号及び7月5日の大雨による災害等もありましたが、それぞれの地域での対応が可能だったようです。
しかし、現在も岡山県・広島県・山口県・愛媛県では災害ボランティアが非常に不足している地域もあります。
一日も早く復旧を果たし、被災された皆さまが平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。

先般、白田副会長、伊藤副会長、小倉事務局長の4名で関係機関の挨拶回りを行い、当会の魅力発信と連携・協力についてお願いをして来ました。
県関係では、高齢福祉課、障害福祉課、こども未来課、こども家庭支援課、教育庁学校安全・安心支援課、福祉保健企画課、私学振興・青少年課、大分県社会福祉協議会、大分県社会福祉介護研修センター、市関係では、大分市教育員センターの計10機関に足を運ぶことができました。
その他の市町村及び関係機関には時間等の都合で挨拶回りができませんでしたが、この場をお借りして、当会に対しまして今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

7月4日に第6回理事会が開催され、今年度の事業についての進捗状況の報告や検討事項について協議されました。
基礎研修Ⅰでは、例年になく申込者が多く、資格を取得した後も自己研鑽や生涯研修として取り組まれることに、私自身、頭の下がる思いと主催者としてこれ以上にない喜びを感じています。
また、社会福祉士の養成講座やその他の研修、セミナー等の事業も今後実施されます。社会福祉士の養成講座では、次代を担う社会福祉士を養成するため毎年開講されている講座で、来年の試験に向け、チャレンジしてみてはいかがでしょう。当会としましても魅力のある企画・運営に努めてまいりますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

日本社会福祉士会よりお願い

被災地活動支援金を募集しています

このたびの平成30年7月豪雨により、犠牲になられた方々とご遺族の皆さまに謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、行方不明となっておられます方々の早期発見を願うと共に、一刻も早い復旧を願っております。
日本社会福祉士会は、7月8日に西島会長を本部長とした災害対策本部を立ち上げました。
本会は、被災した圏域の県社会福祉士会の活動等を支援するための募金を開始いたします。 格段のご協力をお寄せくださいますようお願いいたします。

日本社会福祉士会 >>

各種研修・委員会情報

スクールソーシャルワーカー 公開講座

近年18歳以下の自殺は、長期休業明けに急増する傾向があることがニュースなどでも取り上げられ、休業期間中からの学校における早期発見・見守り等の取組が大きな課題となっています。
自殺は個人的な問題として捉えがちですが、その背景には、精神保健上の問題だけでなく、過労・生活困窮・育児や介護疲れ・いじめや孤立などの様々な社会的要因が絡んでいます。
大分県社会福祉士会では、過去2年間のSSW公開講座の成果をさらに深めるため、今年も小巻佳人先生をお招きして、学校現場での子ども対応について豊富な経験と詳細な資料をもとに、臨床現場での支援について学びたいと企画しました。
教育現場で相談援助を担っている方、福祉・医療・保健領域などで子どもの支援に携わっている方、教員や支援員の方、一緒に考えませんか。

日時:平成30年8月25日(土)
   午前の部 10時30分~12時30分
   午後の部 13時30分~16時30分
会場:コンパルホール300
大分市府内町1丁目5-38 TEL097-538-3700

※詳細はこちらをご覧ください。 

地域包括支援センター社会福祉士 実務研修 実践報告会 の開催について

地域包括支援センター(以下、「包括センター」)が設置されて13年目を迎え、各包括センターで様々なソーシャルワーク実践が展開されています。
本会では、包括センターに従事する社会福祉士が、「地域包括ケア」構築に向けて何を課題として捉え、どう支援すべきかを考察した上で言語(可視)化し、次にソーシャルワーク実践を振り返って省察した上で、共有・蓄積する事を目的に実践報告会を開催致します。

日 時:平成30年9月8日(土)
会 場:大分県総合社会福祉会館3階 中研修室 
(住所 大分県大分市大津町2丁目1番41号 TEL097-558-2945)
対象者:包括職員(生活支援コーディネーターや認知症地域支援推進員を含む)、行政職員、社会福祉協議会職員、障害者相談支援専門員、生活困窮者自立支援相談員(コミュニティソーシャルワーカーを含む)、介護保険等事業所職員等々の「地域包括ケア」に携わる皆様
定 員:70名 ※定員を超えた場合は、本会会員を優先させていただきます。
受講料:会員・一般 1,500円  非会員 3,000円

※詳細はこちらをご覧ください。

地域生活支援と障害者自立支援協議会 研修の開催について

2018年度「地域生活支援と障害者自立支援協議会」研修を実施します。

開催日:【前期】平成30年10月13日(土)~14日(日)
【後期】平成30年11月10日(土)
場 所:【前期】大分市稙田市民行政センター
【後期】J:COMホルホトール406会議室

本研修は認定社会福祉士認証・認定機構へ研修認定された研修です。
認証単位取得を希望する方または障がい福祉に興味のある方
より多くの方々のご参加をお待ちしています。

※詳細は認証研修募集要項をご覧ください。
※詳細は認証研修募集要項 申込書をご覧ください。

平成30年 社会福祉士養成講座の開催について

社会福祉士国家試験の受験希望者を対象に、各科目の要点及び必要な知識を習得させ、受験準備に資することを目的としております。
お知り合い等ご興味のある方へお声かけください。

日 程:① 9月 8日(土) 8:45~ 9:00(開講式) 
               9:00~16:00(講義2科目)
    ② 9月 9日(日)  9:00~16:00(講義2科目)
    ③ 9月15日(土)  9:00~16:00(講義2科目)
    ④ 9月16日(日)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑤ 9月22日(土)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑥ 9月23日(日)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑦ 9月29日(土)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑧ 9月30日(日)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑨ 10月 6日(土)  9:00~16:00(講義2科目)
    ⑩ 10月 7日(日)   9:00~16:00(講義2科目)
⑪ 10月21日(日)  9:00~15:30(模擬試験)
会 場:大分県介護研修センター
定 員:100名
受講費:養成講座 6,000円(全10日間)
    模擬試験 7,000円(会場受験)/ 7,360円(自宅受験)

岡山県社会福祉士会より

被災地支援活動 支援員募集 について

被災地支援に関わっていただける会員を募集しております。
募集要項をご覧いただき、趣旨に賛同し活動頂ける方はぜひ登録フォームよりご登録をお願いいたします。

・倉敷市真備町実態把握ローラー(全戸訪問)(~8月10日まで(予定))
・倉敷市災害ボランティアセンターの運営支援(~9月30日まで(予定))

岡山県社会福祉士会が日程調整を行いますので、登録フォームは岡山県社会福祉士会への送付となります。

※詳細は被災地支援者募集要項 (岡山)をご覧ください。
※詳細は被災地支援者登録フォーム(岡山)をご覧ください。

事務局よりのお知らせ

□ マンスリー記事の詳細や新着情報をホームページに掲載しています。どうぞご覧下さい。
□ 最近は、地震や豪雨、台風等の自然災害が頻繁に発生しています。その度、会員の皆様の安否確認やニーズ調査等の協力支援をお願いすることになりますが、そのお知らせは、本会のホームページにまず掲載致しますので、災害等の発生時には、本会のホームページでご確認下さい。
□ 大分県社会福祉士会に関する委員会等の会議に事務局が使用できます。希望者はご連絡下さい。
建物の開館時間 ①月曜日・日曜日・祝祭日:9時~17時15分 ②左記以外の曜日:9時~21時
□ 住所・勤務先・氏名等に変更がある方は、日本社会福祉士会(本部)まで変更届をご提出下さい。

〒870-0907 大分県大分市大津町2丁目1番地41号 大分県総合社会福祉会館2階
TEL/FAX:097-576-7071  E-mail:oita-jacsw@axel.ocn.ne.jp