1. HOME>
  2. 広報誌

マンスリーニュース

公益社団法人 大分県社会福祉士会

2017年08月号

OITA CSW(Certified Social Worker) MONTHLY NEWS

汗が教えた『援助の深さ』

公益社団法人
大分県社会福祉士会

会長 船田 茂

7月5日に発生した九州北部豪雨から間もなく1カ月。
『人の噂も七十五日』とは、季節の変化と共に人の関心も移りゆく様を表しているが、現代社会では不倫や芸能人の事故対応など、長く意見されることもあれば、良い話程、短期間のうちに変わるものもある。
水害発生直後の7月8日に日田市に入り、当会理事の梶原貴久さんに案内いただいた。
日田インターを降り、慈山眼公園から豆田町、八阪神社がある花月川沿いを走り、JR久大線の鉄橋が流された丸の内町に停車。
途中の車窓から、畳が外に出される様子やボランティアが作業を行う光景を確認。
その後、車は花月川から三隈川沿いに抜け、夜明大橋を手前に右折、三隈川の支流が流れる夜明地区、今山地区を経て大鶴地区へと進んでいく。被害は進む程に甚大となり、大鶴駅の辺りでこの先進入禁止の看板が。
他の車両が通行する様子を確認し、もう少し先に進んでみると、そこには長崎県のDMAT隊や鳥取県の消防隊など多くの車両が行き交う。この付近が“今”作業している地域らしく、作業員の方が「どこに行くのか?」と話しかけてきた。話を聞くと、このあたり一帯に1m以上は堆積している土砂を除去し、通行できるようにしていると言う。
まだ手が付けられていない辺りの様子は、土砂や流木が押し寄せてきた5日当時の様子を正確に伝えてくる。夜の豪雨、大雨で先が見えず、上るべきか下るべきか、憂心抱きながらの避難が目に浮かぶ。
そして、ここより2駅、2km先に、福岡県東峰村がある。
水害から3日を経過した日田は、河川の修復工事をあちらこちらで見ることが出来、被害の大きかった地域の幹線道路の土砂や流木は既に撤去され、随分回復しているかのように見えた。確かに「5年前の水害の教訓を活かせている」ようだ。
7月12日に本会災害対策本部と災害対応委員会が合同で会議を開いた。今後の対応を検討するためである。
既に支援の申し入れた日田市から要請があった際にどう動くのかシュミレーションし、義援金の募集なども議論された。会議の終盤、災害担当理事の佐藤利明さんが「災害ボランティアに行きたい」と言うので、私も賛同し一緒に参加することに。
7月16日の朝、ぱあとなあ定例会で日田行きを知った武宮律子さんと緒方洋介さんも同乗し、4人で現地入り。1時間並んだ受付段階で気温は既に30℃、この日は今季一番の暑さとなった。
日田市ボランティアセンター職員に「20分毎に休憩をとるよう」勧められ、そんなペースで良いのかと疑ったものの現実は厳しく、1時間ほど働いたかと思ったが漸く20分との知らせに冷たい汗を感じる始末。
一緒に汗を流すボランティアには“プロ”も多く、昨日は朝倉、春には熊本と、経験多く、床下の土砂出しも手慣れたもので、荷物の片付けから畳上げ、土砂出し、石灰撒き、荷物の搬入、と段取り良く進めていった。70歳の自称鉄人や渋さを感じる寡黙な職人、準備万端の夫婦ボランティア、フラフラになった高校生など参加者も様々で、実に人間臭くて興味深かった。
被災者は、90歳くらいと推測されるおばあさんを介護する御婦人。
一見では被害を感じにくいが、出される袋は溢れかえり、燃えるゴミが20袋超、燃えないゴミはそれ以上、土砂袋も20袋程が玄関先に集められた。最後に、家主に明日のボランティア要請の有無を確認してこの日の作業は終了するのだが、家主の回答は「もう良いでしょう」とのこと。15人ものボランティアが土足で出入りしたお宅に後ろ髪ひかれる想いで、センターまでの約1kmを歩いた。

外から伺える姿と実際の生活の違いに“被災の深さ”を感じた。被災者が私達の相談に至るまでの生活や姿を目の当たりにし、復興・復旧に至るまでの道のりを知った。明日に繋がる一日を経験できたと思う。
ボランティアに誘っていただいた佐藤利明理事に感謝!

各種研修・委員会情報

第1回「司法福祉研究会」開催について

日時:平成29年8月23日水曜日 18時から20時まで
場所:大分県総合社会福祉会館2F

「再犯の防止等の推進に関する法律」における社会福祉士の役割をテーマに触法障害者・触法高齢者を対象にした福祉アプローチの研究会をスタートします。
関心のある方、みなさまのご参加をお待ちしています。

保健医療セミナーの開催について

地域において神経難病の患者さんやご家族の医療・生活等の治療および相談にあたる保健・医療・福祉関係者の皆様に、神経難病に関する知識・技術を提供し、神経難病の患者さんが安心して生活できる地域つくりの入門編としてセミナーを開催します。

日 時:平成29年9月23日(土)   9時30分~11時30分(受付9時から)
会 場:大分県母子・父子福祉センター
    大分県大分市大津町2丁目1番41号(大分県総合福祉会館3階)
参加費:500円
定 員:50名(先着順)

※お申込み及び詳細はこちらご覧ください。

2017年度 地域包括支援センター社会福祉士 実務研修実践報告会 開催について

日 時:平成29年10月21日(土)  10:00~16:30(受付開始9:35~)
会 場:大分県総合社会福祉会館 3階 中研修室(301・302室)
定 員:50名
参加費:会員・一般 1,000円 / 非会員 2,000円

※お申込み及び詳細はこちらをご覧ください。

2017年度 地域生活支援と障害者自立支援協議会 研修開催について

開催日:【前期】平成29年11月25日(土)~26日(日)
【後期】平成30年 2月 3日(土)
会 場:ホルトホール大分 404会議室
定 員:20名(先着順)
参加費:都道府県社会福祉士会の会員 10,000円  会員以外 15,000円 
  この研修は認定社会福祉士認証・認定機構に申請中で10月上旬に結果が判明します。

※お申込み及び詳細はこちらをご覧ください。

スクールソーシャルワーク委員会

今年度の活動は、SSW研修、公開講座、事例検討会、活動報告集・・・を予定しています。

① 第1回SSW研修は6月17・18日に無事終了しました。
② 第2回目は、3月初めを予定しています。
③ 今年度も、「公開講座」を準備しています。11月頃を予定しています。
④ 事例検討会も2月頃の予定です
⑤ 最後に,「SSWの活動報告集」を作成しています。
⑥ 定例会は、毎月第2土曜日の午後6時から8時、事務局で行っています。

※事前にホ-ムページに掲載しますのでご確認下さい。

大分県社会福祉士会よりお知らせ

九州北部豪雨災害に伴う義援金の拠出について

この度の九州北部を中心に発生した豪雨災害に対して、大分県社会福祉士会では、会員一人につき100円を義援金として拠出することと致しました。
義援金は、会員から改めて徴収せず、今回は、会員から頂いた会費の中から拠出することで対応させて頂きたく、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
尚、義援金は、平成29年8月末現在の会員数で算出させて頂きたいと思います。また、義援金の対応について、ご質問やご意見がございましたら、大分県社会福祉士会事務局(TEL/FAX 097-576-7071)までお問合せ下さい。

※義援金の金額、送り先等は、9月開催の理事会で検討し、会員の皆様には後日ご報告致します。

社会福祉士養成講座運営スタッフの募集

平成29年9月から10月にかけて述べ10回開催する社会福祉士養成講座の運営スタッフを募集致しますので、ご協力可能な方は大分県社会福祉士会事務局までご連絡下さい。

 ◆社会福祉士養成講座の運営スタッフ募集
(1)養成講座の日程
   平成29年 9月10日(日)、16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)
          10月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)

(2)養成講座の時間
   ・午前の部 午前9時から12時まで
   ・午後の部 午後1時から4時まで
 ※日程、時間等はスタッフが確定後調整します。

(3)応募方法
   応募用紙はありませんので、事務局まで電話、FAX、メールでご連絡下さい。

◆申込み期限:平成29年8月31日(木)まで
◆申込み先・お問合せ:公益社団法人大分県社会福祉士会事務局
TEL/FAX 097-576-7071
メールアドレス oita-jacsw@axel.ocn.ne.jp

メーリングリスト作成に伴うメールアドレスの把握について

マンスリー12月号に掲載し会員の皆様へお願いしておりましたメーリングリスト作成に伴うメールアドレスの把握についてですが、平成29年9月末より運用を開始したいと思いますのでまだ、ご連絡いただいておりません会員様につきましては引き続きメールアドレスをお知らせ頂きますようお願い申し上げます。
尚、お知らせいただきましたメールアドレスは当会からの情報伝達以外には使用いたしません。

メールアドレスの確認方法
  下記、大分県社会福祉士会のメールアドレスへ送信下さい。
  送信する際に、①名前、②所属先(事業所)、③所属先の住所、④連絡先をご記入下さい。
  ◆ メールアドレス:info@oita-csw.or.jp ◆

   ※ホームページの「お問い合わせ」からも入力できます。

ホームページのリニューアルについて

本会のホームページは、リニューアルされ平成28年4月より新しいWEBサイトへ移行しております。
従来のホームページに比べ、情報を探しやすく、読みやすいサイトになるようコンテンツを充実させデザインや構成を一新いたしました。
さらに、タブレットやスマートフォンからも閲覧できるようになっておりますので、幅広くご利用いただけるものと思っております。

新ホームページのアドレス  http://oita-csw.or.jp

今後は上記、アドレスにアクセス頂きますようお願いいたします。

他団体研修等情報

「STOP!女性や子どもへの暴力」 講演会のご案内について

日 時:平成29年9月24日(日)  13:30~15:30(受付開始13:30)
会 場:大分市コンパルホール 400号室
定 員:100名
参加費:無料(事前申し込み不要)

    ※詳細等はホームページをご覧下さい。

大分大学大学院福祉社会科学研究科大学院説明会及び入試募集要項について

平成:29年11月1日(水) 午後6時30分~
場所:大分大学教育教養棟 23号教室
内容:大分大学福祉社会科学研究科の概要および入試に関する説明
   個別相談

介護男子フォト&動画コンテスト について

応募資格:プロ、アマ、年齢、住所地を問わずどなたでもご応募いただけます。
     ただし、日本国内在住者に限ります。
募集期間:平成29年9月20日まで

事務局よりのお知らせ

○事務局に届いている各種資料のお知らせです。下記の資料が届いています。
ご興味のあるは事務局までお問い合わせください。
・「生活困窮者自立支援制度を知ろう」神奈川県社会福祉士会

◆マンスリー記事の詳細や新着情報をホームページに掲載しています。どうぞご覧ください。
◆大分県社会福祉士会に関する委員会等の会議に事務局が使用できます。希望者はご連絡ください。
建物の開館時間 ①月曜日・日曜日・祝祭日 : 9時~17時15分
②上記以外の曜日     : 9時~21時
◆住所・勤務先・氏名等に変更がある方は、日本社会福祉士会(本部)まで変更届をご提出ください。

〒870-0907 大分県大分市大津町2丁目1番地41号 大分県総合社会福祉会館2階
TEL/FAX:097-576-7071  E-mail:oita-jacsw@axel.ocn.ne.jp